最適抵抗

鬼PTのリハビリコラム

最大抵抗と最適抵抗

片麻痺の方の場合、例え軽度の麻痺であっても、最大抵抗の運動は避けるべきで最適抵抗が必要です。筋出力を向上させるのに、筋肥大ではなく運動単位の増員になります
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました